事例紹介
写真

さど調剤グループ

代表取締役社長 光谷 良太 様

新潟県佐渡市を拠点に、保険薬局事業、医薬品卸事業、一般用医薬品販売、介護用品販売を手がける薬局グループ。40年以上の歴史を持ち、県内で7店舗を展開。佐渡島内の薬局ではトップシェアを占め、信頼される医薬品供給と先進的な医療ICT活用で地域医療を支えている。

新卒採用の活動と成果が、

会社の新たな循環を生み出す

ー弊社のサービスを導入したきっかけを教えてください。

光谷:経営者の知人から、「こういうサービスがあるよ」とご紹介いただいたのがきっかけです。

会社を経営していく上で、新卒の採用は考えていたのですが、離島という立地や大手との競合もあり、今は難しいと考えていました。社内で新人教育の研修制度を整えるのも大変ですし、いずれは取り組みたいなという意識でしたね。

そんなときに仲の良い経営者さんから声をかけられ、断りづらい面もあり、当初はとりあえず話を聞いてみようかという感じでした。

ー導入の決め手は何だったのでしょうか。

光谷:僕は二代目の経営者なんですが、実際に経営に携わってみて、この離島で薬剤師という専門資格者を採用することがいかに難しいかわかったんです。でも、ドラファルマの方は採用に関してすごく自信を持っていたので、最終的に依頼することを決めました。

サービスを導入した1年半前は、僕自身が現場から本部の仕事まで担当し、細かい雑務などもあって採用に100%の力を割くことはできない状況でした。自分なりに採用活動してきた中で、うまくいった部分もうまくいかなかった部分もありました。今後何も手段を講じないと、将来的にも成功しないと思い、結果的にお金を捨てた感じになってもいいや、ぐらいの覚悟でしたね。離島でやれるもんならやってみれば、という気持ちでした(笑)。

ーサービスを導入して、どんな成果がありましたか?

光谷:実際に新卒採用で2名の成果がありました。これまで採用してきたのは地元出身者だけでしたが、今回は佐渡島とは縁もゆかりもない方が希望して入社してくれました。会社史上初めてのことです。

また、インターンシップで学生さんが職場を訪れ、現場のスタッフが自分たちの仕事を見てもらえたり、説明したりできたことは、社内的にすごく良い影響がありました。

採用活動には、ドラファルマのコンサルタントさんと本部のスタッフ1名が関わってきました。コンサルタントの方の仕事を見て覚えて、一緒にやってこれたことは、スタッフにとって勉強になったと思います。

ー新卒採用に取り組むことを、社員の方はどのように思っていたのでしょうか。

光谷:皆さん、前向きに捉えてくれましたし、新卒採用の難しさもわかっていて、インターンシップにはとても協力的でした。一方で、採用後にいろんなことを教えていくことができるのだろうか、という不安の声もありました。

現在は、4月から2名の新卒を迎え入れるために、コンサルタントの方にもお手伝いいただき、研修制度を含めて準備しているところです。

これからも若い世代が次々と入ってきて、先輩たちが知識や技術、会社の文化を伝えていく循環をつくっていければと思います。

ー導入後の1年半を振り返って、感じていることをお聞かせください。

光谷:当社だけではなく中小の薬局は、どちらかというと受け身の採用をしてきたところが多いと思います。求人票を出したり、紹介会社につないでもらったり、人づてにご縁があったりするぐらいで、他に何をしていいかわからないのではないでしょうか。

ドラファルマさんに関わってもらい、1年半の採用活動を通して思うのは、やっぱり時間とお金かけないと成功しないということです。

週に1回ミーティングをして進捗を管理し、新たな企画を立てて動いていく。それなりに活動費はかかりますが、実行すればしっかり成果が出てくることを、今回僕自身も学びました。

ー弊社のコンサルタントに対して、率直な感想をお願いします。

光谷:ドラファルマさんが他の採用サービスと一番違うのは、会社の中に入り込んでスタッフという立場で頑張ってくれるところです。すごく一生懸命やってくれますし、頼りがいがありますね。

「支援している企業さんが、自分たちで採用活動をできるようになることが最終的な成功です」とコンサルタントの方がはっきり言ってくれるのは、とても信頼が置けます。徐々に自走できる環境は整ってきていますし、そこを目標にしてサポートしてくれるのは本当にありがたいです。

ー今後のビジョンについて教えてください。

光谷:私は創業者の父から事業を継承し、2023年4月に社長になりました。現在はベテランの薬剤師もたくさん活躍していますが、いずれは世代交代も必要になってくるでしょう。今まで会社を支えてくれた方たちが培ってきたものを若い人たちが受け継ぎ、5年後、10年後はさらにパワーアップして、薬局事業でしっかり価値を発揮していきたいです。

ー弊社の新卒支援サービスは、どんな企業におすすめできますか? 

光谷:薬剤師を採用したいけど、どう採用していいかわからない、人手がなくて困っているような企業さんに向いていますね。あとは当社のように、採用活動の重要性はわかっているし会社の良さをいろんな人に伝えたいけど、そこに割くマンパワーと時間がない、経営者が忙しくてできない、専任で任せられる社員がいないという企業にもいいと思います。

社長さんたちは創業から今に至るまでいろんな思いを持っているし、自社ならではの良さもわかっているんですよ。そういう部分をうまく言語化して新卒の方々に伝えてくれることが、今回のサービスの重要な点だと感じました。

[インタビュー日:2024年2月]